禁煙が成功する方法について

喫煙者がタバコを止められない主な理由が、ニコチン中毒によるものです。
実際に喫煙者が禁煙をしてみたけど、禁煙に失敗してしまい喫煙者に戻ってしまうケースも少なくありません。
多くの人がタバコによる悪影響や、高騰などの経済的な負担を知っているはずです。
それでも喫煙者がいなくならない理由はなぜなのでしょうか。
それは、タバコに含まれるニコチンという物質が影響しているからです。

ニコチンにはアルコールなどと同様に依存効果があり、自力で中毒から抜け出すことは非常に困難です。
タバコを止めると脳はタバコを要求してきて、禁断症状が発生します。
主な禁断症状は、ストレスを感じてイライラしたり、なかなか寝付けなくなり不眠症になったり、いくら食事を取っても満腹感が得られなかったりなど、人によって様々な症状が出ます。
タバコを吸うとニコチンが短期間で脳に達します。
ニコチンは脳内報酬回路と呼ばれる神経系にあるニコチン受容体に働いて、ドーパミンと呼ばれる快楽物質を過剰に放出します。
脳内報酬回路が主に薬物依存に関わっていると考えられていて、常にタバコを吸っている人はニコチン受容体が増加しています。
この数が喫煙時のタバコの本数の増加や禁煙後の禁断症状のレベルと関係しています。

ニコチンにはドーパミンのみならずノルエピネフリンと呼ばれる覚醒や、セロトニンと呼ばれる抗うつ作用や気分の調整などに使用される脳内にある神経伝達物質の分泌を高めてしまいます。
喫煙者は脳内の大事な働きをニコチンに任せてしまっているので、禁煙をするとノルエピネフリンなどの神経伝達物質の分泌が著しく低下してしまいます。
WHOの付属機関になる国際がん研究機関の報告では、喫煙と発がん性には確実な証拠があり、肺、口腔、鼻腔と副鼻腔、喉頭、咽頭、食道、胃、肝臓、膵臓、腎臓、尿路、子宮頸部、骨髄(骨髄性白血病)などが挙げられる。
これだけ挙げられるということは、喫煙はがんを引き起こす大きな原因になっていることがわかります。

チャンピックスの効果とは?

現在、禁煙外来でで活用されている、チャンピックスと呼ばれる飲み薬が禁煙成功の実績を上げています。
チャンピックスとは、ニコチンに頼らずに禁煙できる薬で、脳内のニコチン受容体に働きかけて、ニコチンを摂取したいという欲求を抑制してくれる効果があります。
そのおかげで中毒性による症状が発生しにくくなります。

チャンピックスは、脳内のニューロンにあるニコチン受容体に結合する働きがある薬になります。
タバコが美味しく感じるのはタバコに含まれているニコチンが、ニコチン受容体に結合してドーパミンという快楽物質を放出するからです。
チャンピックスを服用すると脳内のニコチン受容体に結合して、少量のドーパミンを放出させます。
これにより、タバコを我慢している時のイライラを抑えることができます。

また、ニコチンより先にニコチン受容体に結合することで、ニコチン受容体を塞ぐ形になりニコチンが結合することを防ぐ効果があります。
これにより、タバコを美味しく感じることが少なくなり満足感が低下する働きもあります。
例として、チャンピックスを服用し始めてから最初の1週間はタバコを吸いながら服用していた方がいましたが、その期間中もタバコの満足感が減少して禁煙成功へと誘導してくれます。
チャンピックスの服用期間は基本的に12週間とされていて、1週間の喫煙とチャンピックスの服用、残りの11週間の禁煙期間の合計12週間で治療は完了しました。
その間に中断せずに継続することが禁煙成功への道になります。
本気で禁煙に成功したいと考えている方にはチャンピックスは非常にオススメです。

チャンピックスの使用上の注意点

チャンピックスを使用していてよくある話が、服用期間の12週間が長く感じるということです。
チャンピックスはニコチン切れで発症するイライラや不快感などを軽減する働きを持ちますが、しばらく禁煙を続けていると自分に自信が付いてきます。
自分はもうチャンピックスを服用しなくても禁煙に大丈夫、禁煙に成功しているという錯覚に陥ります。
しかし、喫煙者の多くがニコチン中毒に掛かっていて、きちんと継続した治療を行わないと喫煙を再開してしまう確率が非常に高くなってしまいます。
本人が禁煙を意識していても、無意識にタバコを求めてしまいます。
禁煙は本人の意思だけでは非常に困難なので、しっかりと禁煙してニコチン中毒を治療するという固い意志を持って治療期間を厳守しましょう。

また、チャンピックスは副作用が強く出てしまうというケースもあります。
主な症状が吐き気や不眠、頭痛などが挙げられます。
最も報告が多いのが吐き気ですが、これはチャンピックスの服用量が増加した場合に発症しやすいです。
症状はいずれも軽めで、服用から1週間から2週間の間に多く見られて、その後は経過と共に発症率は低下していきます。
重度なものになると、皮膚のアレルギー反応や血管の浮腫の他に意識が朦朧とする場合があります。
これらの症状が出た場合は、速やかに使用を控えてください。

また、自動車などの運転の予定がある方も利用は控えたほうがいいです。
この副作用ですが、チャンピックス服用者からは、食事バランスが悪かったからかもしれない、副作用が強いおかげで禁煙への意識が高まったなどの声も上がっていて、決意を固めるために選択している方もいます。
禁煙効果は間違いないので自分に合っていると感じたら、ぜひ最後まで頑張ってみてください。