禁煙が成功する方法について

ジェネリックのニコテックスで安く禁煙をする

たばこは健康を害する元、しかも自身だけでなく煙によって周りにいる大切な家族の健康まで害してしまうものです。
そんなことは今や常識ですが、それでもたばこをやめることができないのはすでにニコチン中毒という病気になっているからかもしれません。
最近ではお医者さんと一緒に禁煙をする時代です。

禁煙チャレンジをサポートするための薬もありますが、その一つとして有名なのがニコレットです。
ガムのような形状ですがただのガムではありません。
少量のニコチンが入っており、イライラ・集中力の低下・落ち着かなさといったニコチン離脱症状を軽減させていくのです。
ガムを噛むことで口寂しさも紛らわせることができます。

ただのガムではない以上は噛み方も違います。
ゆっくりと噛んでピリッとした味を感じたら頬と歯茎の間に1分程度置いておく、味が無くなったらまたゆっくりと噛む、これを30分から1時間は繰り返すのです。
口の内側の粘膜からニコチンが吸収されていき離脱症状を抑えることができます。
しかしながら、正しい噛み方を心がけていなければ効果がでないどころか副作用が出てくる可能性があるため注意しましょう。
ニコレットの副作用は口内や咽喉のヒリヒリ感といった症状です。

ニコレットを使った禁煙方法をニコチン置換療法と言います。
喫煙以外の方法でニコチンを摂取しながら少しずつその量を減らしていくのです。
依存症を抑えることができるため、その効果は高いです。
しかしながら即効性はありません。
3ヶ月程度は続ける中で少しずつニコチン摂取量を減らしていくのです。
無理は禁物です。

ただ、ある程度の期間は続けなければならないため、ある程度のお値段はかかってしまいます。
たばこをやめる理由としてとにかくお値段が高くなってきたからという方も少なくはありません。
そういった方だと特に少しでも安く禁煙したいと思うものです。
それならニコレットのジェネリック、ニコテックスはいかがでしょうか。

ニコテックスとニコレットを使う場合の費用の比較

ニコレットはドラッグストアや薬局などでも手に入れることができます。
1箱に50個程度入って4000円くらいが相場です。
1日の喫煙本数によって異なるものの、たとえば20本から30本程度1日に吸っていた方だと8週間から10週間くらいは禁煙にかかると思っておいてください。
そうなるとその期間のニコレット使用個数は230個から400個くらい、20000円から30000円はかかるのです。
更には、病院での治療ともなると診察費や交通費もプラスされます。

確かにこのまま吸い続けていると大きな病気にかかって治療費にもっと莫大な費用がかかることになるでしょう。
そう思えば安いもののそれだけの費用をかけるのは大変です。
定期的に通院するのを面倒に感じる方もいます。

一方のニコテックスはジェネリック医薬品のためかなり安く、半額以下の費用で手に入れることができるのです。
もちろんニコテックスもニコチン入りのガム形状の薬であり、ニコチン置換療法で無理なく禁煙に導くことができます。
正しく使用すれば副作用の心配もありません。

ニコテックスは通販サイトで手に入れることができます。
病院に行く暇や医師の診察を面倒に感じていた方にとっても、24時間好きな時間に注文できて自宅に送られてくるのですからストレスはありません。
まとめ買いだって可能なので自身の喫煙本数から考えて必要な量を事前に購入しておけばよいのです。
まとめ買いの数が多ければ多いほど一箱辺りのお値段は安くなります。

これ以上たばこ代を掛けたくないから禁煙したい、でも禁煙するための治療薬にもかなり費用がかかってしまうというのならどうしようもありません。
それよりはニコテックスで安く、でも確実に禁煙しましょう。