禁煙が成功する方法について

ニコレットで禁煙をする方法の紹介

口さみしい時にタバコを吸いたくなるという人も喫煙者には多いのではないでしょうか。
禁煙をすると決めて我慢していたのに、口がさみしくて何だか物足りなく感じてしまい、ついタバコに手が伸びて吸ってしまったという経験がある人もいると思います。
そういった口さみしく感じた時にタバコの代わりになるのがニコレットです。
ニコレットはニコチンを含んでいるガムです。
タバコの代わりに噛むことで口さみしさを解消することができ、ニコチンも身体に吸収させることができるので、吸いたいという気持ちを抑えることができます。

禁煙の方法はいろいろありますが、多くの人がタバコの代わりに何かしらのものを口に入れること方法をとっているでしょう。
例えば虫歯予防効果のあるガムをかんだり、飴をなめたりといったやり方で口さみしさを紛らわしたり、とにかく我慢をするといった方法をとる人もいるでしょう。
しかし多くの人が失敗してしまう原因は、タバコを吸わなくなりニコチンが体内からなくなってしまうことで、禁断症状が出てしまうからです。

またタバコを吸うことによってストレス発散効果を得ていた場合には、禁煙することでイライラがひどくなってしまったり、集中力が続かなくなってしまうというケースも考えられます。
ニコチンを身体に入れることで身体に悪いと分かっていても、タバコによって精神安定につながっているというケースも確かにあります。
そういった人が無理に禁煙をすると長く続かないのもわかるのではないでしょうか。

そういった人が利用していきたいのがニコレットです。
ガムには純粋に甘くておいしいものや虫歯になりにくくなるものなどいろいろありますが、ニコレットは禁煙を手助けしてくれるものになります。
医薬品でもあるのでタバコの代わりにニコチンを補給することができ、禁断症状を和らげる効果があるものです。
禁煙をする手助けをしてくれるものなので、タバコを吸ったことがない人が噛んでしまうと、吐き気やめまいといった副作用が起きてしまうケースもあるので気を付けましょう。

ニコレットの効果を発揮する正しい噛み方

ニコレットは普通のガムと同じ感覚で噛んでしまうと、うまく効果を発揮することができないケースがあります。
うまく禁煙をするためにも正しく効果が発揮できる噛み方をしることが上手に禁煙をすることができる方法です。

まずニコレットの噛み方の基本ですが、必ず1回につき1個という使用量を守るようにしましょう。
普通のガムの場合は物足りなくて一度に何個もいっぺんに噛むという人もいるかもしれませんが、ニコレットにはニコチンが含まれているので、多量に噛んでしまうと副作用などが出てしまう恐れがあります。
ニコレットはお菓子ではなく医薬品、つまり薬と同じ扱いになりますから正しい用法を守ることが大切です。

正しい噛み方の方法は、ニコレットを口に入れたらゆっくりと約15回ほど噛むようにします。
そうするとニコチンの味を感じるようになるので、その時点で一度噛むのをやめます。
口の中のニコレットは噛まないように歯と歯茎の間に挟んでおくようにするとよいでしょう。
1分ほど噛まない状態が続いたら、再びまたニコチンの味を感じるようになるまで15回ほど噛み、そして1分間の休憩をはさむというやり方を繰り返していきます。

ニコレットの噛み方のポイントは、急いで何回も噛まないということです。
急いで噛むとニコレットに含まれているニコチンが多量に出てしまうので、胃の調子が悪くなったり吐き気や胸やけといった副作用が出てしまう恐れがあります。
しかも禁煙の効果があまりでないことも考えられますので、ゆっくりと噛むということを心掛けるようにしましょう。

またニコレットを使っているときは、絶対に喫煙をしてはいけません。
きちんとタバコをやめてから使用するようにしましょう。