禁煙が成功する方法について

本気の禁煙は禁煙外来で始めましょう

禁煙は、独力で始めても長続きしない方が多い挑戦です。
初めの数日を乗り切っても、それから波のようにたばこを吸いたくなる時期が来て、大半の方が挫折してしまいます。
そこで、本気で禁煙をしたいと考えている方の力になってくれるのが禁煙外来です。
近年の禁煙外来は、無理なくたばこをやめる事ができるように優れた薬も登場しています。
また、スケジュールも効果的な禁煙ができるように組まれているのも良い所です。

禁煙外来を受ける女性病院の禁煙外来でたばこをやめるメリットは、数多くあります。
例えば、禁煙開始日を明確に決められる事です。
独力で禁煙を始めても、明日やると決めて先延ばししてしまったり、1日我慢しても次の日は喫煙を再開してしまったりと長続きしない場合が多くあります。
禁煙外来の場合は、医師と相談して予めスケジュールを決めておき、この日から止めると明確にできます。

開始日から治療薬を使用し始めますから、開始日以降にたばこを吸いたいという衝動を抑える苦労は少なくなるでしょう。
たばこをやめる事自体は自分の意思で始め、個人の力では実現するのは中々難しいという範囲は、医師や薬が支えてくれます。

禁煙外来のスケジュールは、基本的に12週間です。
治療期間中に合計5回だけ、診察でサポートを受けていく事になります。
5回の診療を全て受けて禁煙に成功した方の内、5割以上が禁煙に成功します。

初回の診察では、ニコチン依存度や呼気中の一酸化炭素の濃度を計測し、スケジュールを決めて禁煙の準備を進めていくでしょう。
医師のアドバイスを受けた上で、使用する薬も決めていく事になります。
2回目の診察内容は、禁断症状の有無が主な問題になり、3回目の診察を受ける頃には禁煙による隊長改善が実感できている頃です。

4回目以降からは、禁煙によって生じがちな肥満の問題にも、医師が相談に乗ってくれる形になります。
最後の診察を受ける頃には、既に禁煙外来に頼らなくてもたばこを吸わないままで平気でいられるでしょう。
このように、禁煙外来は単純にたばこをやめるだけでなく、やめた後のアフターサポートまでしっかり行ってくれる事が特徴です。

禁煙外来で禁煙をした場合の費用はどれくらい?

禁煙外来は病院で治療を受ける形になりますから、利用を検討している方にとって、多額の費用がかかるイメージが付きまといます。
しかし、実際の治療費用は多くても2万円程度です。

病院での診察内容には、初診料や再診料等と様々な費用が生じます。
薬の費用も加えると、本来の治療費全体は6万円程度になりますが、保険が利用できれば2万円程度の費用です。
禁煙外来の診察を受けている間のたばこ代に比べて安かったという方も少なくありません。
このように、禁煙外来の費用は少額で済みます。

禁煙外来を経済面で考えた場合、更に優れているのが12週間だけで良いという事です。
たばこを吸い続ける場合は、吸い続ける間はたばこ代を支払い続ける事になります。
しかし、禁煙外来は12週間分の費用を払って禁煙を成功させれば、その後はたばこ代も治療費も一切支払う必要がありません。
これは毎月、2万円以上も自由に使えるお金が増える事であり、喫煙量の多い方であれば年間10万円以上も多くお金を使える事になります。

この他にも、がんのリスクを軽減する事で、将来の高額な治療費を生じにくくするメリットもあります。
今すぐ禁煙外来の治療を受ければ2万円であり、時々病院に行くだけで済むでしょう。
治療中は、禁断症状に少し耐える程度です。
しかし、がんの治療となれば年間で100万円程度のお金が必要です。
体の痛みや体調不良、その他にも手術といった試練に耐えなければいけない事にもなります。

禁煙は現在の懐事情を少し良くしてくれるだけでなく、将来をより豊かに過ごす為にも役立ってくれます。
経済的に豊かで、しかも健康で快適な生活を送りたい方は、禁煙外来をきっかけとして利用する事が可能です。