禁煙が成功する方法について

禁煙をすると何故太る?

禁煙をすると太ってしまうと考える方は多いですが、タバコをやめて太るというのにはいくつかの理由があります。
まず第一にタバコが吸えないことがストレスになってしまい、口寂しさに何かを食べてしまうため太ってしまうということです。
ガムや飴ならばそこまで太ることはありませんが、ついついタバコの代わりに間食をしてしまうことで体重の増加につながります。

その他には禁煙をすることで味覚が正常に戻り、食事がおいしく感じられるため太るということもあります。
喫煙者の味蕾というのはタバコの成分によって麻痺している場合が多く、禁煙をすると正常に戻るので、どんなものを食べてもおいしくなり、ついつい食べ過ぎにつながり太るのです。
ニコチンには交感神経を活性化させる働きがあるので、その分エネルギー消費量が向上しますが、禁煙することでその効果もなくなってしまうので、同じ量を食べていても太るということにつながっていきます。
食欲が増進して太ってしまうことは禁煙したら誰もが通る道であると知ることで、より楽にタバコをやめることができます。

普段運動をする習慣がある方は、なるべくならば禁煙した後にも続けることが大事です。
タバコをやめて太るのはいくつかの理由があり、人によって理由が変わってきます。
中には禁煙後も食生活が変わらず体重も変化がない方が多いですが、タバコを吸っていた年数や吸っていた本数が多ければ多いほど、依存している確率も高いので、微妙な体重の変化があります。

太るからタバコをやめたくないというのではなく、タバコをやめる時には太ってしまうのは仕方のないことだと、受け入れることで禁煙に対する取り組み方も変わります。
ストレスを溜めてしまうことは禁物ですから、なるべく毎日気を紛らわせるようにして、タバコへの執着を捨てていくことが肝心です。
吸わない日を積み重ねていくことで、禁煙も成功するので根気強さが禁煙をする上で一番重要なことです。

禁煙活動と運動を併せるのが効果的

筋トレする女性なるべく体重を増やさずに禁煙をしたいという方は、禁煙活動と運動をあわせていくのが良いでしょう。
タバコをやめようと思った数カ月前、あるいは数週間前から運動をする習慣を身に着けて行き、禁煙後もその習慣を続けていきます。
運動は自分の体質にあっているものならば何でも良く、有酸素運動のウォーキングやジョギングにランニングなどを取り入れたり、無酸素運動の筋力トレーニングを取り入れるのも良いでしょう。
筋力トレーニングを行うことで基礎代謝のアップにもつながるので、体重の増加を抑えることができます。

どうしても食欲が湧いてきて我慢できない時には、無理をするのではなく食べるようにして、次の日の食事を少しだけ減らしていけば、そこまで大きく体重が増えることもありません。
禁煙計画を立てる段階でまずどの日からタバコをやめるのかを決めていき、その日までにある程度基礎体力を付けて運動をするのが一番です。
もちろん運動はハードな運動だと続けて行くことが難しくなるので、仕事と両立させられる程度の軽い運動を取り入れていきましょう。
きっぱりと禁煙して運動をするのではなく、徐々に節煙をしていき最終的に禁煙をする方法もあります。

どの方法が良いかは自分のタバコへの依存度から考えていくことで的確な答えが見つかります。
禁煙活動に運動を取り入れるのはストレス解消にも効果があり、タバコを吸いたいという気持ちを抑えてくれるばかりか、吸えないことで食べることに走っていたストレスも解消出来るのです。
健康のために禁煙を考えるのならば、まず最初に運動を開始していき、少々食べ過ぎてもそれをウォーキングやランニングなどでカバー出来るようにすることが大事です。